レールは、こころをつなぐ道。

〜 2009/6 アメブロに引っ越しました http://ameblo.jp/otoohan/ 〜
CALENDAR
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
C62を作る 42〜43
C62を作る第42号・第43号『週刊 蒸気機関車C62を作る』の42号・43号が届いた。

第42号のパーツは発電機と逆転器、
第43号のパーツは火室下部である。
第42号の完成状態第42号発電機と逆転器の組立は
火室左側面にロッド・ガイドをなべ小ねじ2本で取り付ける。
火室右側面上部にタービン発電機をなべ小ねじ1本で取り付ける。
ボイラー左側面に、動力逆転器取付け台座をなべ小ねじ2本で取り付け、動力逆転器をこの台座に下からなべ小ねじ2本で固定する。
左後方から
第43号火室下部の組立は
本ではまだボイラー部と火室部を組み付けていないので取り外して組立てるのが正当。
火室の左右側面下部に火室下部の部品をそれぞれなべ小ねじ4本で固定する。
左側面から泥溜め側面上部の穴にL字状の排水管Aの長い方を差し込み火室右側面下部の穴に取り付け各部を瞬間接着剤で固定する。
泥溜め下部の穴に排水管Bを差し込み、真下に向くよう瞬間接着剤で固定する。
火室右後端下部のねじ穴に揺りシリンダをなべ小ねじ2本で固定する。
火室右側面下部前の穴に吹出し弁を真下に向くよう瞬間接着剤で固定する。
右後方から
今回の作業はここまでだが画像のように火室をボイラーに組み付けると泥溜めの排水管Bや吹出し弁下部が下に突き出すので作業をする場合は注意が必要で、そのため上下逆さにしてボイラー部の作業をする場合はタービン発電機の素材が柔らかいので取り付け部が曲がったり、ねじ1本で固定しているのでゆるんだりするのでこちらにも注意が必要。
     C62を作る 40〜41C62を作るC62を作る 44〜45
| 旅鉄(たびてつ)おとーはん | C62を作る | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otoohan.tblog.jp/trackback/189189
トラックバック