レールは、こころをつなぐ道。

〜 2009/6 アメブロに引っ越しました http://ameblo.jp/otoohan/ 〜
CALENDAR
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
C62を作る 56〜57
C62を作る第56号・第57号『週刊 蒸気機関車C62を作る』の56号・57号が届いた。

第56号のパーツはキャブ内部、
第57号のパーツはキャブ左側面である。
ブレーキ装置と逆転機の組立第56号キャブ内部の組立は
まずブレーキ装置と逆転機を組み立てる。
ブレーキ脚台にブレーキ弁ハンドルを向きに注意しながら瞬間接着剤で接着する。
キャブ内部逆転器脚台に逆転機ハンドルを向きに注意しながら瞬間接着剤で接着する。
キャブの床にストーカー(自動給炭機)、ブレーキ脚台、逆転機脚台を床下側からねじで固定する。
機関士シートと機関助士シートはシートのサイドにモールドがある方が内側になるように床下側からねじで固定する。
アンダーフロアーの取付とパーツ取付の各ねじ
前回付属してきた部品のアンダーフロアを床下面の段が斜めになる角位置に接着する。
アンダーフロアーは下側の中間角部のテーパーが左右で異なる形状で、床面の斜め部分とこのテーパーとがキャブ左側面窓の組立平行になる様に、刻印されている方を外側にしてエポキシ系接着剤で固定する。

第55号キャブ左側面の組立は
取付け金具をフロアの左側板足元に床下側から2本のねじで固定する。
左側面取付後のキャブ内部キャブ側板の表側に窓ふちをきっちり合わせてクリップで位置を固定して瞬間接着剤を流し込み接着する。
キャブ側板裏側に窓枠の位置決めをしてクリップで固定して瞬間接着剤を流し込み接着する。
今回キャブ側板外側窓枠の上、内側に沿うように、ひさしを合わせて瞬間接着剤を流し込み接着する。
キャブ側板裏側から扉枠をスライドさせて窓枠にはめ込む。ここではまだストッパーがないのでテープなどで固定しておく。
キャブ側板を前妻側面のねじ穴3か所にねじで固定して今回は終了。
     C62を作る 54〜55C62を作るC62を作る 58〜59
| 旅鉄(たびてつ)おとーはん | C62を作る | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otoohan.tblog.jp/trackback/200437
トラックバック