レールは、こころをつなぐ道。

〜 2009/6 アメブロに引っ越しました http://ameblo.jp/otoohan/ 〜
CALENDAR
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
上り「出雲」通過
餘部橋梁を渡る上り寝台特急「出雲」風景もだいぶ仕上がってきて、右の画像や次の右側の画像など、実際の風景によく似ているまでに出来上がった。
しかし、ここまで仕上げるのにちょっとしたハプニングが。。。
それは、餘部の街並みを作成していたら何かおかしい? よくよく確認してみたら。。。。
鉄橋の下の地形整備も着々と正しい橋脚配置の餘部橋梁餘部橋梁には11個の橋脚があるのだが、橋脚の位置が1つづつ駅側へ、ずれていた。トンネルから川までに3つ橋脚があるのが正しいのだが2つしかなかった。駅側から作成していったのでその山の中で1本勘違いをしていたのである。
線路関係はそのままで、下の道路や風景などを移動させて、手間はかかったがなんとか正しく配置できた。
     ↑左が修正前、右が修正後

| 旅鉄(たびてつ)おとーはん | VRM | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otoohan.tblog.jp/trackback/144884
トラックバック