レールは、こころをつなぐ道。

〜 2009/6 アメブロに引っ越しました http://ameblo.jp/otoohan/ 〜
CALENDAR
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
昭和の鉄道模型 43〜44
講談社の「週刊 昭和の『鉄道模型』をつくる」第43巻、第44巻が届いた。
 第43巻のパーツはバラスト、スポイト、
 第44巻のパーツはフォーリッジ、パウダーである。
今回のパーツ第43巻のバラストは線路脇のバラスト柄の印刷部分に、第44巻のパウダーはその他の地面に、フォーリッジは山肌に第39巻・第40巻の樹木とともに木工用ボンドで固定するのであるがここはじっくり作業をしたいので後日に施工することとした。

そしてその作業をする前に、駅前の狭さ見通しのなさが気になっていたのでこちらにコメントをいただくミラノさんのブログを拝見してアイデアをいただき駅前開発工事をした。駅前から八百屋が移転駅前の八百屋の跡に魚屋が移転
駅に向かって右側の八百屋を風呂屋の裏側、駅裏の踏切のところへ移転し、できた空地へ駅へ向って左側の魚屋を移転してタクシー営業所前を広くして、駅前がジオラマ前面からよく見えるようにした。
八百屋の前の道路は勾配があるので店頭とのすき間には石畳を半幅にカットして両面テープで貼り付けた。

     昭和の鉄道模型 42巻まで鉄道模型昭和の鉄道模型 44巻まで
| 旅鉄(たびてつ)おとーはん | 鉄道模型 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otoohan.tblog.jp/trackback/186486
トラックバック