レールは、こころをつなぐ道。

〜 2009/6 アメブロに引っ越しました http://ameblo.jp/otoohan/ 〜
CALENDAR
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
C62を作る 24〜25
今回のパーツ『週刊 蒸気機関車C62を作る』の24号・25号が届いた。

第24号のパーツはモーションプレート、
第25号のパーツはモーションプレートと逆転軸である。

上下逆にして作業第24号モーションプレートの組立は
左右各々のモーションプレートの外側と内側を合わせて側面は8mm×2本、底面は上側から4mm×1本のなべ小ねじで固定する。
24号の組立てはここまでで4mm×2本のなべ小ねじは25号で使用する。

本体へ取付第25号モーションプレートと逆転軸の取付は
まず前部モーションプレート横フレーム(側面のねじ穴が2つの物)に24号で製作したモーションプレートの左右を間違えないように6mmのなべ小ねじで固定する。
この作業は上下を逆にして行った方がやりやすい。
逆転軸と逆転軸腕左右のモーションプレートとも取り付けたら、出来上がった横フレームを主台枠の間に斜めに差し込んでから回転させてねじ穴のある正規の位置に移動させ、左右からなべ小ねじ4mm×4本を使用して主台枠に固定する。
横フレームを固定したら逆転軸をモーションプレート後部の穴に差し込み取り付ける。逆転軸には左右があり、挿入方向は逆転軸に切ってあるねじ穴が端部に近い方が右側となる。
次に前部と同様に後部モーションプレート(側面のねじ穴が3つの物)を主台枠の定位置になべ小ねじ4mm×4本で固定し、左右のモーションプレートともなべ小ねじ6mm×4本で固定する。
最後に裏から固定次に逆転軸のねじ穴と左右の逆転軸腕のねじ穴の位置を合わせて止めねじ4mmを小さなマイナスドライバーで使用して締め込む。
出来上がり!最後に主台枠の上下をひっくり返してスライドバーの後端とモーションプレートのねじ穴を合わせ24号の4mmのなべ小ねじで固定する。
今回の作業ではここまで。
次号は主動輪、次々回は第3動輪に連結棒と到着が待ち遠しい。。。

     C62を作る 23号までC62を作るC62を作る 26〜27
| 旅鉄(たびてつ)おとーはん | C62を作る | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://otoohan.tblog.jp/trackback/175096
トラックバック